一番綺麗で使い勝手のよい手軽な収納術の第一歩は、お手軽収納グッズでツールを増やすことです。

衣類の収納

家の荷物の収納の中で衣類というのは、収納に占めるスペースも大きく、毎日出し入れするものですので、家の収納で一番重要な物と言っても過言ではありません

 

衣類を綺麗に収納するというのは、スペースを有効に活用するだけではありません。
毎日着る服や外出用の服などが、出しやすいように綺麗に収納されているというのは、日常生活のモチベーション向上にも繋がり、生活の中でとても重要です。

 

衣類をしまうスペースが狭いなと感じたらクローゼットを買い替えれば、解決への近道ですが、なかなかそうもいかない人も多いと思います。
今回は、今あるクローゼットや押入れで日常的に使う衣類の収納方法についてご紹介します。

 

不要な衣類の処分方法はこちら

 

 

事前に収納プランを立てる

とりあえず収納の便利グッツを買って、そこからしまい方を考える人が多いですが、より効率的に収納させるには、事前にプランを決めておくというのがとても重要になります

 

 

整理する道具を揃える

日常的に着る衣類の収納や整理は、まずはある程度の道具を揃えてしまうのが賢明です
「100円均一」や「ニトリ」、「島忠HOME’S」などに売っているようなお手軽収納グッズで多少のツールを増やすのは、綺麗で使い勝手のよい手軽な収納術の第一歩です。

 

しかし、衣類の収納グッズは需要があり価格競争が進んでいるのと同時に、クオリティが低い商品も多くなっています。突っ張り棒でしたら耐荷重には余裕をもったり、固定しやすい形状のものを使うようにしましょう。パイプハンガーなど組み立てる商品はできればパイプを差し込むだけではなく、しっかりビスで止められるものなどを選ぶのが重要となってきます。

 

 

縦のスペースの有効活用

衣類の収納でも、クローゼットや押入れの縦のスペースの有効活用が大切になります。
ハンガーなどに掛けてしまう服は、背が高い服と短い服で収納スペースを分けて、背が低い服の下に小物などをしまえるスペースを用意するのはとても効果的です。

 

ある程度は長さ別に服の量を把握して、道具を揃える前に頭の中でもいいのでプランをすべて完成させておくのが大切です